SSブログ

壁を乗り越えた実感 [NaNo]

こんにちは、NaNoです

本日まさかの2投稿め!と思われそうですが、実は先ほどの「ご意見~」の記事は昨晩作ったものでした。で、投稿するのを忘れて(というか、寝ちゃいました。ここしばらく体調崩してまして…)いたので、改めて投稿したわけですね。昼の投稿ということで、「こんばんは」を「こんにちは」に変える作業だけは今日やりました。前の記事の繰り返しになりますが、ぜひご意見ご感想くださいね!メンバーと個人的にお知り合いの方は、そちらに直接連絡して頂いても結構です。よろしくお願いします。

さて本題。今回のライブでは、NaNoとして思い出深い曲をセットリストに入れました。それが「シャングリラ」です。

もう何年前になるのでしょうか。Cooを立ち上げる前にやっていた初めてのバンドでのことです。真面目にドラムの練習を始めて3か月程度。とりあえず修行のためにバンドに入ろうと決心し、初心者バンド募集記事に応募して、そこで活動を始めました。で、最初の練習曲になったのが「シャングリラ」。ベース以外はド新人の集団だったので、ギターが比較的易しめの曲を選んだらしいのですが、ドラムはディスコビートを基本としたリズムパターンになってまして、左足をひたすら使い続ける曲でした。しかもハイハットの刻み方が謎だし!8分音符がひたすら並んでいる譜面しか見たことないのに、意味不明な16分音符がいっぱいある!衝撃でした。単純な8ビートすら危ういのに、こんなんできるのか!?メンバーには全く言わなかったのですが、逃げ出そうとしたこともありました笑。ただ、テキトーなNaNoくんも、ドラムだけはしっかりやる気持ちを持っていたらしく、「これをできるようにすれば演奏の幅が広がる」と自らを奮い立たせてひたすら練習した記憶があります。まあ、技術的問題で、譜面を大幅に変更しつつ対応しましたけど笑。

で、この度改めてシャングリラ。決まったときは鳥肌立ちましたね。トラウマに近いものがありましたから。ただ、当時よりも技量は上がっているはずだから、絶対何とかしてやるって気持ちもありました。改めて練習してみたら、過去にはどうにもならなかったフレーズもできるようになっているし、なんか楽しいし、ドラム続けててよかったなって思えたし。壁を乗り越えるって、知らないうちにできているものなんですね。

まだまだ自分の演奏に満足いかない部分が多いので、今後もあせらずじっくり取り組みたいです。もし、ドラムを始めて間もない方がこの記事をご覧になっていたら、是非伝えたい。上手くいかなくて辛いときが多いかもしれませんが、ちゃんと続けていればいつか必ず壁は越えられます。自分が意識していることとしては、

①曲全体の流れの中で、ショットするポイントをなるべく小さな「点」としてとらえる

②演奏を楽しむ(余計な力が抜けて、動きやすくなります。インスピレーションも豊富になるかも!)

③16分音符でひたすらスネアを連打(強打はだめ。なるべく弱い音で。各音に差がないかどうか、ショット間隔がずれてないか)

という3本柱。ぜひ自分なりの練習軸を作ってみてはいかがでしょうか?

あ、そうそう。メトロノームの使い方もちょっと工夫しています。ただ鳴らしているだけだとそれに「合わせる」ように演奏してしまうので、体の中からビートが生まれるよう特殊な使い方をしてます。

①裏拍鳴らし(文字通り、裏拍だけ鳴らします。結構難しいです)

②体内メトロノーム(あるテンポのメトロノームをひたすら聴いて体に染み込ませた後、メトロノームを切って数分間そのテンポで8ビートを叩く。その後、もう一度メトロノームを聴き、ずれを確かめる。)

参考になれば幸いです


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます